オダカTOPページへ

時計用語辞典

時計修理TOP時計用語辞典あ行

あ行・《     
【あ】
ISO規格
(International Organization
for Standardization)
ISO規格とは、国際標準化機構が定めた、電気分野を除く工業分野の国際的な標準規格のこと。製品、サービスの用語や単位などの世界的な標準化を目的とし、国際市場において円滑に経済取引を行うために定められたもの。
耐衝性、耐磁性、一般防水、耐塩性、水中加圧での信頼性、リュウズ・ベルトの耐外力性、などが定められている。
アガキ
(shake)
アガキとは、ムーブメントの部品と部品の間に設定された微細な隙間(ガタ)のこと。時計のムーブメントが作動中に、部品と部品が接触し、動作を妨げることがなく動くように、歯車と歯車間の隙間や、受け石と歯車の真軸(ホゾ)などの接点に、この隙間、アガキが設けられている。
アカデミー
(academy)
アカデミーとは、独立時計師協会「ACADEMIE HORLOGERE DESCREATURE INDEPENDAINT」で、 1984年にジュネーブ、特定のメーカーに所属していない、独立系時計師たちにより設立された非営利団体のこと。スイスの伝統的な時計技術を継承していくなかで、バーゼルワールドでの新作発表や、若手の時計師を育成していくことなどを行なっている。
アップライドインデックス
(applied index)
アップライドインデックスとは、文字板から立体的に浮き出ているインデックスのこと。
くさび状の金属部品を文字板に差し込んで固定するものや、文字板の裏からプレスして浮き上がらせるもの、また、単に接着するものなど、その手法は多岐にわたる。
アラーム
(alarm)
アラームとは、任意の時間に針を合わせておけば、その時間になるとベル等を鳴らし時刻を知らせてくれる時計の機能のこと。
穴 石
(hole stone)
穴石とは、ムーブメントの地板や、歯車やテンプの真軸を支え部品を保持するための、受け板などにはめ込められていて、歯車やテンプのホゾを支えたり、部品間の摩擦から保護し、油を保持するための石のこと。
 ≪穴石画像≫
アンクル
(anchor striker)
アンクルとは、テンプと連動してガンギ車の歯を進める部品で、脱進機を構成する部品のひとつのこと。二股に分かれたアームにはツメ石が付いており、その形が船の錨「ancre(仏)」に似ていることから名付けられた。
機械式時計から聞こえてくる“カチカチ”という音は、この部品とガンギ車が接触している時に発生するもの。
≪アンクル画像≫
【い】

(stone)
石とは、ムーブメントの歯車やテンプの軸などに、摩擦防止のためにはめ込まれる人工宝石、受け石や穴石のこと。人工ルビーや人工サファイアなどが使用されることが多い。
その使用数は「17石」や「21J」など、カタログやムーブメント、裏蓋などに表記されている。
 ≪石画像≫
EOL
(end of life indicater)
クォーツ式時計のバッテリー残量が少なくなってきたことを知らせる機能。
アナログ表示の時計では針の動き方が4秒もしくは2秒ごとに変化し、液晶表示の時計では数字が点滅しはじめる。
インダイアル
(counter/register subdial)
スモールセコンドや、カレンダー、パワーリザーブなどの表示のため、文字板内に設置された小さなダイヤルのこと。クロノグラフの積算計では、カウンター又はレジスターとも表現される。日本ではインダイヤルと呼ばれることが多いが、英文ではsubdial(サブダイヤル)と表記される。
 ≪インダイアル画像≫
インデックス
(Index/hourmarkes)
インデックスとは、文字板上にある、時や分を示す目盛りや数字のこと。
アワーマーカーや時字とも言われ、その種類は豊富で、棒状のバーインデックスや、アラビア数字のアラビックインデックスなどがある。
 ≪インデックス画像≫
【う】
ウォータープルーフ
(waterproof)
ウォータープルーフとは、水分や湿気などから、時計の内部を保護するための機能のこと。防水ともいう。
受 石
(end stone/jewel cap)
穴石の上にキャップのように取り付けられた石のこと。テンプ、ガンギ車など、特に油を保持したい場所に使用される。
受け
(bridge)
地板の上に乗せた歯車などの部品を、上から固定するための板。受けの形状やデザインにはいろいろある。受け板とも呼ばれる。
≪受け画像≫
うるう年
(leap year)
1年366日でカウントする暦年のこと。1582年、グレゴリオ暦に基づいて、4年に一度366日となる日が定められた。ただし100の倍数でありながら400で割り切れない暦年は、うるう年から除かれる。
うるう秒
(a sleep second)
地球の自転を基にした世界時(UTI)と、セシウム原子時計によって表される協定世界時(UTC)との誤差を調整するために足し引きされる1秒のこと。
現在では、誤差をつねに±0.9秒以内に維持するため、1月1日か7月1日、または4月1日か10月1日の午前8時59分の59秒後に調整が行われる。
運針
(step second/sweep second)
時計の秒針の動き方は2種類ある。1秒1秒刻むようにノックして動くのをステップ運針、ノックせずに流れるように動くのをスイープ運針と呼ぶ。
【え】
エアリーの定理
(airy's formula)
エアリーの定理とは、イギリスの天文学者であり、グリニッジ天文台長でもあったエアリーが発見した「振り子は振動の中心点でエネルギーを加えても、その振動は乱れない」という法則のこと。
この定理は、振り子運動に加わる外力によって、その振幅は変化するが等時性には影響がないということで、機械式時計の心臓部といわれるテンプとエスケープメントの等時性は、この定理に基づいている。
永久カレンダー
(perpetual calender)
永久カレンダーとは、月による日数の違いや、4年に1度のうるう年の調整などを自動的に行うカレンダー機能のこと。
パーペチュアルカレンダーともいう。現在永久カレンダーを搭載した時計は、西暦2100年まで対応のものが多い。
エスケープメント
(escapement)
エスケープメントとは、輪列とテンプの間にあり、ガンギ車・アンクル・振り石(テンプの一部)から成る調速機構のこと。 テンプや振り子の振動に動力を与えつつ、その等速の振動により一定速度で歯車の列を動かすための機構。
調速機に往復運動のためのパワーを供給、調速機の一定周期運動で輪列の回転を制御し、また、輪列の一方向回転運動をテンプの往復運動に変換している。種類も様々だが、現在最も多く用いられているのは、クラブツースレバー脱進機と言われている。
≪エスケープメント画像≫
エタ
(ETA)
エタ社とは、スウォッチを開発したことでも知られる、1856年創業のムーブメント供給会社のこと。スイスのムーブメント業界では最も大きいシェアを持っている。
1982年にスウォッチの生産を開始し、1983年にSMHグループ(現在のスウォッチグループ)を結成。現在はグループの中核を為している。
【お】
オーバーホール
(overhaul)
オーバーホールとは、ムーブメントの分解掃除の事で、時計の定期点検や整備をする事。時計の部品ひとつひとつを分解し、汚れや古い油を洗い落とし、組立・注油した後に、調整・精度チェックを行う作業。
一般の機械式時計のオーバーホールは3〜5年に一度行うのが理想的である。
O-リング
(O-ring)
O-リングとは、水分が入りやすいリュウズや裏ブタ部分の防水性を高めるためのゴムパッキンのこと。
≪O-リング画像≫
 
オシドリ
(setting lever)
ゼンマイを巻く、時間を合わせるというリューズ操作にかかわる部品のひとつ。巻芯が時計内部でオシドリのピンに固定されているため、リューズを引いたり押し込んだりする動きに合わせてオシドリが動く。
この動きがカンヌキを押したり戻したりすることで、ツヅミ車をゼンマイ巻き上げ位置や時刻調整位置に切り換える仕組みになっている。
≪オシドリ画像≫
オイスターケース
(oyster case)
オイスターケースとは、イギリスのオイスター社が開発し、その後1926年にオイスター社を傘下におさめたロレックスが完成させ、特許を得た世界初の完全防水型腕時計のこと。
無垢の金属塊を削り出して作られたケースに、リューズと裏蓋をねじ込み式にすることで、堅牢性、防水性を高めた。

精密工具・機器販売
精密工具・機器販売をしております。
専門的な工具・機器を取り揃えております。
時計専門工具販売
時計専門工具販売をしております。
時計修理専門店ならではの品揃えです。