オダカTOPへのボタン

時計用語辞典ら行

時計修理TOP時計用語辞典>ら行

ら行・《     
【ら】
ラグ
(lag)
 
ケースの上下についている、ベルト又はブレスレットとケースを連結するための、接合部分のこと。
 ≪ラグ画像≫
ラトラパンテ
(ratrappante) 
クロノグラフの一種で、メインの秒針と独立した停止機能を備えた針との2本のクロノグラフ針により、ラップタイム(中間地点から次の地点までの経過時間)計測を行なうことができる機能のこと。スプリットセコンドともいう。
【り】
リュウズ(龍頭)
(crown) 
主ゼンマイを巻き上げる巻き真に固着されている、時計の側面につけられた突起のこと。
クラウンと呼ばれることもある。一般的に、リューズはゼンマイを巻くためと、引くと時刻合わせをすることができる。この時はゼンマイが巻かれないような仕組みになっている。
 ≪龍頭画像≫
リーリュ
(ligne) 
時計のムーブメントの直径を表す単位のこと。 1リーリュ=2.256mmとなっている。型ともいう。
リダン
(redone)
腕時計の経年変化により劣化した文字板やインデックスを、補修したり書き換えたりして、奇麗な状態にすること。
リダンを行うことで視認性を向上させることが出来るが、メーカー以外でリダンされた腕時計はオリジナルとして評価されなくなったり、オリジナル性、オリジナルの良さが失われてしまうこともある。
リファレンスナンバー
(reference number)
メーカーがつけた時計本体の整理番号や製造番号のこと。モデルにより番号が違い、通常は、時計の裏蓋やタグ、カタログなどに“Ref.p002hk4”のようにRef.から始まり、アルファベットや数字の組み合わせにより表記される。
輪列
(train wheel)
歯車と、隣の歯車の中心の「カナ」と呼ぶ歯数の少ない歯車とのかみ合いで連なる歯車の集合体のこと。
一般的に香箱からアンクルの間の車のことで、二番車、三番車、四番車、ガンギ車から成る。それぞれのパーツが噛み合うことにより動力を伝達する機構。
【る】
ルミブライト
(高輝度蓄光塗料)
太陽光や照明器具の明りを短時間(約10分間:500ルクス以上)で吸収して蓄え、暗い中で長時間(3〜5時間・一部の商品は5〜8時間)光を放つ夜光。
従来の蓄光塗料に比べて約10倍以上長く光り続ける。
【れ】
レトログラード
(retrograde)
針が扇状に動き、端まで達すると瞬時にゼロに折り返して、再び動き始めるメカニズムのこと。
分針、秒針、日付曜日針など、さまざまな種類がある。
語源は、フランス語で「逆行」という意味。
レジスター
(register) 
文字板内にある、計機のこと。秒を示すスモールセコンドや、クロノグラフ搭載機における30分または12時間積算計などが代表的。スモールダイアルともいう。カウンター、インダイアル、サブダイアルと表記されることもある。
  ≪レジスター画像≫
レギュレーター
(regulator)
文字板上の時、分、秒がそれぞれ別に表示されている(3針独立表示)こと。
また、時計師や時計メーカーが、機械式時計の時刻調整のためや製品の精度チェックのために用いる精密時計のこともレギュレーターと呼ぶ。
【ろ】
ローター
(rotor) 
自動巻き機械式時計のムーブメントにおいて、主ゼンマイを巻き上げるため、装着者の腕の動きや振動により回転するパーツのこと。反回転以下、反回転、一方向に全周回転するもの、そして現在の左右両方向に回転するものへと進化してきた。
 ≪ローター画像≫

精密工具・機器販売
精密工具・機器販売をしております。
専門的な工具・機器を取り揃えております。
時計専門工具販売
時計専門工具販売をしております。
時計修理専門店ならではの品揃えです。