オダカTOPへのボタン

時計用語辞典さ行

時計修理TOP時計用語辞典>さ行

さ行・《     
【さ】
サテン仕上げ
(satin finish)
ケースやブレスレット、裏蓋などに細かい線を付けて仕上げたもの。表面のすじ目が特徴。ヘアライン仕上げともいう。他にツヤ消しの仕上げ方法としてはサンドブラストがある。
サブダイアル
(sub dial)
ダイアル(文字板)内にある、計機のこと。秒を示すスモールセコンドや、クロノグラフ搭載機における30分または12時間積算計などが代表的。
スモールダイアルともいう。カウンター、レジスター、インダイアルと表記されることもある。
 ≪サブダイアル画像≫
サファイアクリスタル
(sapphire crystal)
人工的に作られたサファイア製の、天然のものと同等の硬さをもつガラスのこと。サファイアガラスともいう。透明度が高く、防湿性にも優れ、表面 が傷つきにくい。
主に風防に使われている。
サンドブラスト仕上げ
(sandblasted finish)
時計のケースやブレスレットなどのツヤを消すために施される仕上げのこと。
砂状のガラスや金属を機械で吹き付け加工する。表面がザラザラした仕上げで、梨地仕上げともいわれる。  
三番車
(third wheel)
一番車である香箱車から3番目に動力がかかる歯車。
 ≪三番車画像≫
【し】
磁化
(magnetization)
時計を磁力の強い機器などに近づけたりすることで、鋼材部品が磁気を帯びること。
時計内部のパーツは磁気を帯びやすく、磁気帯びが原因で、時計の動きに影響を及ぼし、正確に動かなくなってしまう、 物理的な破損とは違うため、磁気を取り除くことで精度は元に戻る。
自動巻き
(self-winding/automatic)
機械式時計のムーブメントに内蔵されているローターが、腕の動きで回転し、歯車類に伝達されて、ゼンマイが自動的に巻き上げられる仕組みのこと。
≪自動巻き画像≫
姿勢差
(difference position)
時計の向きや位置の変化により、ムーブメントにかかる重力の方向が違ってくることで生じる、時間の誤差のこと。
GMT
(Greenwich Mean Time)
Greenwich Mean Time(グリニッジ・ミーン・タイム)の略で、標準時間のことを云う。
地板
(main plate)
ムーブメントの基礎となる板状の部品。
ジュネーブシール
(Geneve Seal)
ムーブメントの品質、仕上げ、組み立て等に最高レベルの厳しい基準が設けられ、クロノメーター規格よりも難関な認定として知られる。クリアしたムーブメントには1.3mmのジュネーブ市の紋章が刻印される。1886年ジュネーブ市で制定。
ジュネーブサロン
(Geneve Salon)
リシュモングループを中心とした腕時計ブランドがスイス南西部のレマン湖畔の都市、ジュネーブ市で年1回行なう、国際時計見本市のこと。
【す】
スケルトン
(skeleton)
ムーブメントの地板や受けの部分などを、骸骨に合わせ歯車等が見える様にくり抜いた装飾加工のこと。
スイープ運針 連続して流れるような、スムーズな秒針の動きのこと。
ストップウオッチ
(stopwatch)
時間を計測する時計のこと。1/100まで計れてラップタイム(途中計時)やスプリットタイム(経過時間)を計る事が出来ます。
スヌーズ
(snooze)
アラームを停止しても短時間後に、再びアラームが鳴る機能。スヌーズとは居眠りの意味です。
ステッピングモーター
(Stepper motor)
パルス電力に同期して間欠的に回転するモーター。 パルスモーター(Pulsemotor)とも言われる。
【せ】
精度
(accuracy)
時計の機能の安定性や正確性のこと。時計の機能の誤差、歩度、姿勢差、日差、月差、年差など示す言葉。
センターセコンド
(center second)
秒針が文字板の中央についているものを云う。中三針時計ともいう。
≪センターセコンド画像≫
ゼンマイ
(main spring)
香箱の中に収められている特殊合金の渦巻き状のバネで、機械式ムーブメントの動力源。
  ≪ゼンマイ画像≫
【そ】
ソーラーウオッチ
(Solar powered Watch)
ソーラーセルを用い、太陽や蛍光灯の光エネルギーを動力源とする時計。

精密工具・機器販売
精密工具・機器販売をしております。
専門的な工具・機器を取り揃えております。
時計専門工具販売
時計専門工具販売をしております。
時計修理専門店ならではの品揃えです。